7B9F916A06DCD128E133302A6B82F82C 釣りネコ日誌 CHIRPについて解説していきます!

    釣りネコ日誌

    広島県周辺をメインに活動しています。2016年4月15日 GARMIN正規販売代理店としてお店をオープンしました!⇒釣りネコ.com
    2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

    CHIRPについて解説していきます!





    お客様より、よく・・・
    CHIRPってなんですか?』
    っと、質問されることがあります。
    言われてみれば、CHIRPって言われてもよくわかりませんよね・・・
    折角ですので、CHIRPについて解説してみようと思います!


    ↓ボートのブログこちらから↓
    ぽちっとご協力お願いいたします!!
    皆様のご協力がブログ作成の活力につながっております!

    にほんブログ村

    GARMIN正規販売代理店を立ち上げることとなりました!
    よろしければ遊びにいらしてください!
    http://tsurineco.com/


    さて。
    先日の記事 にて、CHIRP画像と、HD-ID画像を見比べていただきましたね!

    画像がかぶりますが、もう一度振り返ってみましょう!
    メバル2
    【上側】
    左:SideVu/455KHz
    中:DownVu/455KHz
    右:CHIRP(Hi-Wide150-240KHz)

    【下側】
    左:無し
    中:DownVu/260KHz
    右:HD-ID/200KHz


    では、ひとつづつ解説していきますね!


    SideVu
    サイドビューは、水面から水中を覗き込んでいるようなクリアな画像で水中を”可視化”出来ます。


    DownVu
    ダウンビューは、船の真下の海底を”可視化”出来ます。

    [SideVU/DownVuのイメージ・・・]
    casp1a.jpg


    HD-ID
    High Definition - identify (高解像度-識別能力) の略称です
    出力を上げるだけ・・・ではなく、識別能力を上げることに着目した方式となります。
    小さな反応やノイズに埋もれていただけの微細な反応。この反応を高度に識別することで魚の反応として捕らえる。
    HD-ID=画像識別処理技術 となります。
    この技術を用いる事で、魚の反応を色で識別する事に成功しました。
    より強い反応は赤色で、より弱い反応は青色で。
    魚だけではなく、底質も同じように区分できます。
    また、カラーゲインの調整を駆使する事で、より細かな設定を行う事ができるわけです。


    CHIRP
    CHIRPの説明は一言では難しいので、他の発射方式も簡単に説明します。

    デジタル方式
    デジタル方式では、振動子から出た音波が跳ね返ってくるまで、次の音波を発射しません。
    跳ね返ってくる前に音波を発射すると、混信してしまう為です。この事から、目の粗い魚探画像となっていました。

    ブロードバンド方式
    ブロードバンド方式は、少しづつ周波数を変えて音波を発射します。周波数を可変させているため、同時に音波を発射しても混信する事はありません。デジタル方式と比べてより音波を出す回数を増やせますので、より細やかな探査を行う事ができるようになりました。(HD-ID方式は、ブロードバンド方式を元にし、識別能力を向上させた方式・・・っと、言う事となります。)

    CHIRP方式
    基本的にはブロードバンド方式と似たような方式なのですが、周波数の可変がより細かく、発射回数もブロードバンド方式よりも多くなっています。そして、周波数帯の幅も広くなっています。
    例えば、ブロードバンド200KHzだと、基本的には200KHzの前後数KHz程度しか可変しません。
    しかし、CHIRP方式だと・・・
    振動子:GT52HWを例にしてみます。
    CHIRP Hi-Wide 150-240KHz
    出力250W
    指向角24-16°

    何故指向角が24-16°と差があるのかといいますと、GT52HWですと、
    150KHzから240KHzまでを可変しています。可変割合・・・が、かなり大きいわけです。
    周波数を”可変”しながら ”継続的に”発信する事で、より多様な情報をもたらしています。

    指向角が変動している事を紐解くと、
    150KHz の指向角は、24°です。
    240KHz の指向角は、16°です。

    CHIRP方式は、音波を”可変”しながら”発射”している
    っと、ご説明したとおりですので、
    150~240KHZの周波数帯を可変しながら発射しています。

    これを指向角に当てはめると、
    発射された周波数帯によって、指向角16°から、24°の範囲を探査している。
    ・・・と、言う事となります。


    CHIRP・・・一言では言い表しづらく、理解しづらいかもしれません。
    説明者が文章力が無いのが一番の要因・・・だと思いますが笑

    こんな説明じゃーわかんねーよ!ばかやろ~!
    っと、思われるかもしれませんね・・・
    もっと詳しく知りたい!っという方は、下記までお問合せ下さい!!
    0120-929-350
    info@tsurineco.com




    ※説明ベタで文面が長くなりまして申し訳ございません・・・otz




    ↓ボートのブログこちらから↓
    ぽちっとご協力お願いいたします!!
    皆様のご協力がブログ作成の活力につながっております!

    にほんブログ村

    GARMIN正規販売代理店を立ち上げることとなりました!
    よろしければ遊びにいらしてください!
    http://tsurineco.com/
    関連記事
    [ 2016/05/27 00:49 ] 魚探 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    プロフィール

    あっくん

    Author:あっくん
    2016年4月よりGARMIN正規販売代理店として開業しました!
    皆様に支えられた1年、次の1年は皆様を支えられるよう、精一杯走り抜けます!

    そして、ブログ名を
    釣りネコ日誌
    に改名しました~!!

    【当ショップ】
    釣りネコ.com


    ※お問い合わせは、
    info@tsurineco.com
    までお気軽にお問い合わせください。また、釣り場で見かけたらお声がけください!

    これまで遊びに来てくれた人数
    釣りブログ
    Feed RSS
    follow us in feedly
    ブロとも申請フォーム
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    最新トラックバック