7B9F916A06DCD128E133302A6B82F82C 釣りネコ日誌 【リールメンテナンス】素人がオシアコンクエスト200HGに挑戦してみる! その②

    釣りネコ日誌

    広島県周辺をメインに活動しています。2016年4月15日 GARMIN正規販売代理店としてお店をオープンしました!⇒釣りネコ.com
    2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

    【リールメンテナンス】素人がオシアコンクエスト200HGに挑戦してみる! その②

    先日記事にしました、
    【リールメンテナンス】素人がオシアコンクエスト200HGに挑戦してる!その①
    の続編です。


    ↓ボートのブログこちらから↓
    ぽちっとご協力お願いいたします!!
    にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
    にほんブログ村

    前回は、ハンドル周りまでのメンテナンス方法について解説しましたが、改めましてリールメンテナンス時の注意事項について!!

    ■注意事項■
    ・このblogは私個人のメンテナンス方法となりますので、同じようにやったのに壊れた…等、責任は受け付けかねます。
    ・小さな部品、小さなバネ、ねじ等があります。ネジをなめたり、バネをなくしたりされないようにご注意ください
    リールには、オイル・グリス・ドラググリス・専用グリス、等があります。適正箇所に適正なオイル等を塗貼してください。
    ・オイル、グリスの塗貼箇所解説を入れていますが・・・私の独学です!ので、鵜呑みにしないでください。
    ・オイル等を塗貼する際、ウェスで拭く…だけではなく、パーツクリーナー等で脱脂するとより効果的です
    ・解説内に、オイルやグリスを指す指定を入れておりますが、メーカーや商品の違いにより変わってきますのでご注意ください。
    ボールベアリングの取り扱いには注意してください!特に外すときなど、ピンセットで無理やり外そうとするとベアリング内部側に傷が入る可能性があります。小さな傷でも違和感や異音のする可能性がありますので、要注意です!

    っと、堅苦しいことはこの辺にして・・・前回の続きと行きましょう!

    ■前回の復習■
    1、ハンドル周りの清掃
    2、ドラグノブ周りの清掃
    3、オイルとグリスの違い
    について解説しました。


    ■メカニカルブレーキの清掃■
    部品を順次外していくと出てくる、五角形の止め輪(部品番号:31)ですが、先の細いピンセットで外していきます。簡単に外れますし、つけやすいのですが、私が外したとき、勢いよく飛んでいき・・・・見つけるのに30分程かかりました笑
    ですので、外す時は右手はピンセット、左手の親指で軽く止め輪を抑えて行うとうまくいくと思います!
    DSC_0368.jpg


    2、部品番号:34番のボールベアリング(本体側についている)は、外れにくいですので、一度本体を外してからでないと取れないかも…しれません。
    DSC_0363.jpg
    ※メカニカルブレーキ部のボールベアリング/スプールシャフトと接する部分はオイルとなります。



    ■スプール部分の取り外し■
    本来…先にこちらを外すべき・・・でしたね!笑
    スプール部分は、テープ等でラインが外れないように固定してください!固定してないと、ラインが引っかかってスプールが外れにくい&ラインに傷が入ってしまいますよ!
    DSC_0358.jpg


    スプールカバー部分にもベアリングや止め輪がついてます。部品をなくさないように注意してください!
    DSC_0361.jpg
    意外とこの部分の汚れが目立ちました。メンテナンスしやすい箇所ですので、釣行毎に掃除してあげて良いかもしれませんね!
    海水も浸潤しやすそう&海水がたまりそうな箇所ですしね!!
    ※この部分は、オイルを注油します。つけすぎに注意してください!


    スプールシャフトもオイルとなります。滴る程べたべたにつけ無いように注意してください!


    ここまでやると…
    DSC_0362.jpg
    ある程度きれいになりましたね!!

    本体内部をメンテナンスするのはちょっと怖い!!
    っと、言う方は、ここまでやれば十分です!

    釣行3回毎にここまでやってあげると、メーカーへオーバーホールを出す事も少なくなりますし、メンテ代も浮きます!

    毎釣行後
    1、全体の水洗い(水洗いするときは、ドラグ・メカニカルブレーキをしっかり締めること!)スプールは外して洗わない事!(水が本体内部まで浸潤するため)
    2、ハンドル部分へグリスまたは、オイルアップ(ネジ等は外さなくてOK)
    3、スプールカバー、メカニカルブレーキ部分のボールベアリングへのオイルアップ
    4、スプールシャフトへのオイルアップ

    3釣行毎
    ・今回の記事の内容

    1~2年に1回
    ・メーカーオーバーホール


    次回・・・いよいよギア部分に取り掛かります!
    前回・・・【リールメンテナンス】素人がオシアコンクエスト200HGに挑戦してみる!~その①


    ↓ボートのブログこちらから↓
    私のブログ作成の活力源!!
    よろしければぽちってください><b
    にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2016/02/19 14:38 ] タックル | TB(-) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    プロフィール

    あっくん

    Author:あっくん
    2016年4月よりGARMIN正規販売代理店として開業しました!
    皆様に支えられた1年、次の1年は皆様を支えられるよう、精一杯走り抜けます!

    そして、ブログ名を
    釣りネコ日誌
    に改名しました~!!

    【当ショップ】
    釣りネコ.com


    ※お問い合わせは、
    info@tsurineco.com
    までお気軽にお問い合わせください。また、釣り場で見かけたらお声がけください!

    これまで遊びに来てくれた人数
    釣りブログ
    Feed RSS
    follow us in feedly
    ブロとも申請フォーム
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    最新トラックバック