7B9F916A06DCD128E133302A6B82F82C 釣りネコ日誌 【リールメンテナンス】素人がオシアコンクエスト200HGに挑戦してみる!その④~概ねオーバーホール

    釣りネコ日誌

    広島県周辺をメインに活動しています。2016年4月15日 GARMIN正規販売代理店としてお店をオープンしました!⇒釣りネコ.com
    2017 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 01

    【リールメンテナンス】素人がオシアコンクエスト200HGに挑戦してみる!その④~概ねオーバーホール

    今回からいよいよギア部分に取り掛かっていくのですが、ドラググリスやバンタムオイルがまだ届いていないので、清掃のみとなっています・・・otz



    ↓ボートのブログこちらから↓
    ぽちっとご協力お願いいたします!!
    にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
    にほんブログ村


    では、解説を始める前に・・・

    ■注意事項■
    ・このblogは私個人のメンテナンス方法となりますので、同じようにやったのに壊れた…等、責任は受け付けかねます。
    ・小さな部品、小さなバネ、ねじ等があります。ネジをなめたり、バネをなくしたりされないようにご注意ください
    リールには、オイル・グリス・ドラググリス・専用グリス、等があります。適正箇所に適正なオイル等を塗貼してください。
    ・オイル、グリスの塗貼箇所解説を入れていますが・・・私の独学です!ので、鵜呑みにしないでください。
    ・オイル等を塗貼する際、ウェスで拭く…だけではなく、パーツクリーナー等で脱脂するとより効果的です
    ・解説内に、オイルやグリスを指す指定を入れておりますが、メーカーや商品の違いにより変わってきますのでご注意ください。
    ボールベアリングの取り扱いには注意してください!特に外すときなど、ピンセットで無理やり外そうとするとベアリング内部側に傷が入る可能性があります。小さな傷でも違和感や異音のする可能性がありますので、要注意です!


    では、やってみましょう!
    ※今回の解説から、シマノ部品表を元に進めていきます


    ■ドラグ~ドライブギア軸までの分解■
    結論・・・下記画像の通りなのですが、
    DSC_0371.jpg 
    分かりますかねぇ・・・・??
    ドラグオイルがカーボンとの摩擦のせい(だと思われる)で、真っ黒になってます・・・

    この中で気をつけないといけないのは、
    部品番号:46、47、48
    ドラグ音出しピン、バネ、ホルダーになります。

    かなり小さな部品ですので、細心の注意を払ってください!!



    ■ドライブ軸~ドライブ軸固定版までの分解■
    ここにも極小の部品がありますので、注意が必要です。
    DSC_0388.jpg 
    画像だと分かりづらいかなぁ・・・?
    ウォームシャフトと、ウォームシャフトギアを取り付けるところに、ピンがあるんですよ

    部品番号:53、111×2個
    ウォームシャフトギア用バネ・ピン
    となります。
    ここもうっかりすると見逃してしまいますので、しかりと部品表を見ながら作業してください!



    ■ウォームシャフト台座~レベルワインドまでの分解■
    ここから少しややこしいです。
    部品表を見ても、良く分からないって人が出てくるかもしれません・・・
    構成としてはこんな感じです。
    DSC_0393.jpg 
    ウォームシャフトギアと、台座が引っ付いていて、そこにレベルワインドが引っ付いている幹事となります。
    取り外すのもややこしいですし、取り付けもすこーしややこしい・・・
    おまけに、ここからはEリングの取り外しもあります。

    ですので、自信がない方は、ここから先はされなくても良いと思います。
    見える範囲を脱脂し、しっかりとグリスアップしてあげれば問題ないと思いますので!!




    さて、続き。
    ウォームシャフトとレベルワインドは、Eリングでつながれています。
    ここの取り外しは・・・1mm精密マイナスドライバーを利用します。私は買ってないので分かりませんが、Eリングプライヤーがあれば楽なはずです!!

    Eリングのはずし方は、Eリングを爪でも良いので出来る限り外れる方向に押し出します。
    すると、シャフトとEリングの間に極極わずかながらも隙間が生まれます。
    ここに極小マイナスドライバーを入れ、まわして上げると・・・てこの原理って言えばいいんでしょうかね?
    さくっと外れます!


    次に気をつけたいところは、レベルワインド受け部分
    部品番号:85、86、87
    ウォームシャフトピン、座金、レベルワインド受け

    この部分の座金が・・・まー小さい小さい・・・
    なくすと確実になくします。
    外すときも、グリスの影響でシャフトピンの中に張り付いたままになりますので、注意が必要です。

    ↓こいつなんですけど、小さいですよね。。。
    DSC_0390.jpg



    ここに・・・
    DSC_0389.jpg


    こうして置いてあげた後、止めてあげる必要があります。
    DSC_0391.jpg 




    さて。
    いささか長くなってきましたので・・・
    続きは次回!!!



    ↓ボートのブログこちらから↓
    私のブログ作成の活力源!!
    よろしければぽちってください><b
    にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
    にほんブログ村
    関連記事
    [ 2016/02/20 20:20 ] タックル | TB(-) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    プロフィール

    あっくん

    Author:あっくん
    2016年4月よりGARMIN正規販売代理店として開業しました!
    皆様に支えられた1年、次の1年は皆様を支えられるよう、精一杯走り抜けます!

    そして、ブログ名を
    釣りネコ日誌
    に改名しました~!!

    【当ショップ】
    釣りネコ.com


    ※お問い合わせは、
    info@tsurineco.com
    までお気軽にお問い合わせください。また、釣り場で見かけたらお声がけください!

    これまで遊びに来てくれた人数
    釣りブログ
    Feed RSS
    follow us in feedly
    ブロとも申請フォーム
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    最新トラックバック